1枠1番に入ったラッキーライラックは1枠の呪いを打ち破れるのか?

G1
04 /06 2018

にほんブログ村 競馬ブログへ


もう日も変わって日曜日には桜花賞ですね。

枠が決まり大きなニュースとなりましたが、断トツ1番人気になるラッキーライラックが1枠に入ってしまいましたね。
(ダノンプレミアムが皐月賞回避も大きなニュースですが)

毎年の桜花賞を見てるとやはり外から差してくるような馬が有利ですね。

阪神1600のコースはというと?

阪神コース

見ての通りでスタートから直線を走りカーブに入っていくわけですが、ここでは枠はそれほど影響はしませんね。

問題はコーナーのは入り口のところですがここで内を走る先行馬はなるだ器用にスピードを殺すことなく回りたいところです。
スピードにのってる時にいったん落としてまたハイスピードに戻すのは人間でもキツイですからね。

そこからカーブしながら下っていくわけで、どうしてもペースは上がってしまいます。特にGIですしね。

そして

下ったと思ったら中山競馬場にも負けない坂が先行勢の脚をとめてしまい

馬なりで走ってたような後方待機組が最後の坂の部分で抜き去っていくようなシーンが多いです。

どちらかというと先行して押し切る形で勝負するようなラッキーライラックに対抗でできるのは
やはりディープ産駒です。

万が一、負けるとしたらそれはディープ産駒ロードカナロア産駒になるでしょうね。

私の狙いではFレビューで差し遅れた馬を狙ってみたいので

本命は アンヴァル にしようと思っています。差せるならこの馬と信じて!

ロードカナロア産駒は優秀な優等生という感じで、距離延長にやたらと対応していますし、前走のFレビューでも
内を縫うように走り、前が詰まって伸びきれないまま負けても上がり35.4秒でした。

外を回ったアンコールプリュは位置取りや外にいたのもよく上がり34.7秒。今回は出走する位置が
真逆になったわけですが、外差し馬場なら アンヴァルは確実にパフォーマンスをあげてくると思います。

2012年からはディープ産駒が必ず馬券に食い込んできてるように瞬発力がある馬が有利でしょうね
(昨年のカワキタエンカは脚質が違いますが)

1200を持ったままで勝てるスピード、ロードカナロア産駒の距離延長に対する適性

アンヴァルが

ラッキーライラックを差す!これで決まりで。

ダメだったら笑ってください・・・

私は勝負いたします。


的中新聞WEBのLINE@はこちら






桜花賞の無料予想はコチラ


にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント

非公開コメント

tekityushinbunweb

的中新聞WEBのブログへようこそ!
中央競馬に関する見解や情報、予想まで幅広く書いていきたいと思いますので今後ともよろしくお願いします。