FC2ブログ

いよいよクラシックトライアル。まずは弥生賞!

中央競馬
02 /27 2019

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

中央競馬ランキング


的中新聞WEB芝野です。



弥生賞について過去10年のデータを元に、有力馬を探していきたいと思います。
そして、私のオススメな3頭も理由を付けて紹介していきたいと思います。

先ずは全然のクラス別の成績についてです。
前走G1に出走した馬の成績が、勝率、連対率、複勝率共に1番の成績を残しています。

該当馬は
ニシノデイジー
クリノガウディー
ブレイキングドーンです。

逆に成績不振なクラスは、圧倒的に500万以下より下の馬は不振です。

該当馬は
ラバストーン
ヴァンケドミンゴです。

更に新馬勝ちから参戦の馬は馬券に絡んだ事がありません。

該当馬は
シュヴァルツリーゼです。

以上の3頭はまず切りで考えて良いと思います。

次に、前走着順別の成績です。
前走1着馬がやはり馬券の中心になっています。

6着以外の馬は一段と成績が落ちています。
しかし、前走6着以外でも前走以外は馬券を外してない馬に関しては、馬券に絡んできます。
それ以外の馬で凡走が続いてる馬は切りです。

該当馬は
ナイママです。

続いては、レース当日人気別成績です。
1番人気に支持された馬が、6割の勝率を誇っています。
1番人気馬は単勝回収率も10年で100を超えているので、単勝をベタ買いしても儲かっているのです。
2番人気は複勝率が6割を超えてるので、正直今回は1.2番人気を軸に考えるしか無さそうです。

しかし、1番人気6勝、2番人気が2勝なのですが、残り2勝は6-9番人気の馬なのです。
なので、本レースは1.2番人気に穴馬を絡めた3連系を買うのをオススメする事になります。
では、これを踏まえて私の注目馬です。


オススメ馬1 ニシノデイジー
データでも1番合致する馬です。
根拠も有ります。
前走は3着では有りましたが、これは前が詰まって行き場を失っての結果です。
なのに、あのダービー本命馬にも上がっているサートゥルナーリアと並び、上がり最速タイなのです。
行き脚を一度失っての上がり最速タイともなると、スムーズに競馬出来てればサートゥルナーリアとも十分に戦えていたのです。
更には上がり最速は間違い無くニシノデイジーでした。
ダービー本命のサートゥルナーリアの勝ちの価値を下げない為にも、ここはしっかり勝ちたいレースだと思います。

オススメ馬2 ラストドラフト
今回ニシノデイジーに対抗出来そうな馬はこの馬しかいないと思います。
まだ2戦しか戦っていませんが、確実に競馬が上手になっています。
脚質も自在性があるのもこの2戦で証明されましたし、血統もエリートの血筋を受け継いでいるので、大舞台ではしっかり結果を残してくれると思います。
そしてまだまだ伸び代が今一番伸びてる可能性もあると思うので、ニシノデイジーを逆転出来る唯一の馬だと思います。

オススメ馬3 ブレイキングドーン
唯一の穴馬で上記の2頭に肉薄する可能性を持っているのがこのブレイキングドーンです。
前走は5着ではありましたが、むしろ掲示板に載っただけでも凄いと思いました。
前走はかかり気味であり、大幅な体重増加が原因と明確な理由があります。
今回は前回の反省を踏まえ、絞ってくるはずです。
問題だらけの前走でG1の掲示板に載ったぐらいです。
人気落ちする今回は絶対買いの1頭です。



↓より『友達追加』を宜しくお願いします。

tekityu-shinbun-web.com
LINEで競馬情報&予想をGET!
友達追加よろしくお願いします。


的中新聞WEBでした。


にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

中央競馬ランキング




コメント

非公開コメント

tekityushinbunweb

的中新聞WEBのブログへようこそ!
中央競馬に関する見解や情報、予想まで幅広く書いていきたいと思いますので今後ともよろしくお願いします。