FC2ブログ

いよいよクラシックトライアル。まずは弥生賞!

中央競馬
02 /27 2019

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

中央競馬ランキング


的中新聞WEB芝野です。



弥生賞について過去10年のデータを元に、有力馬を探していきたいと思います。
そして、私のオススメな3頭も理由を付けて紹介していきたいと思います。

先ずは全然のクラス別の成績についてです。
前走G1に出走した馬の成績が、勝率、連対率、複勝率共に1番の成績を残しています。

該当馬は
ニシノデイジー
クリノガウディー
ブレイキングドーンです。

逆に成績不振なクラスは、圧倒的に500万以下より下の馬は不振です。

該当馬は
ラバストーン
ヴァンケドミンゴです。

更に新馬勝ちから参戦の馬は馬券に絡んだ事がありません。

該当馬は
シュヴァルツリーゼです。

以上の3頭はまず切りで考えて良いと思います。

次に、前走着順別の成績です。
前走1着馬がやはり馬券の中心になっています。

6着以外の馬は一段と成績が落ちています。
しかし、前走6着以外でも前走以外は馬券を外してない馬に関しては、馬券に絡んできます。
それ以外の馬で凡走が続いてる馬は切りです。

該当馬は
ナイママです。

続いては、レース当日人気別成績です。
1番人気に支持された馬が、6割の勝率を誇っています。
1番人気馬は単勝回収率も10年で100を超えているので、単勝をベタ買いしても儲かっているのです。
2番人気は複勝率が6割を超えてるので、正直今回は1.2番人気を軸に考えるしか無さそうです。

しかし、1番人気6勝、2番人気が2勝なのですが、残り2勝は6-9番人気の馬なのです。
なので、本レースは1.2番人気に穴馬を絡めた3連系を買うのをオススメする事になります。
では、これを踏まえて私の注目馬です。


オススメ馬1 ニシノデイジー
データでも1番合致する馬です。
根拠も有ります。
前走は3着では有りましたが、これは前が詰まって行き場を失っての結果です。
なのに、あのダービー本命馬にも上がっているサートゥルナーリアと並び、上がり最速タイなのです。
行き脚を一度失っての上がり最速タイともなると、スムーズに競馬出来てればサートゥルナーリアとも十分に戦えていたのです。
更には上がり最速は間違い無くニシノデイジーでした。
ダービー本命のサートゥルナーリアの勝ちの価値を下げない為にも、ここはしっかり勝ちたいレースだと思います。

オススメ馬2 ラストドラフト
今回ニシノデイジーに対抗出来そうな馬はこの馬しかいないと思います。
まだ2戦しか戦っていませんが、確実に競馬が上手になっています。
脚質も自在性があるのもこの2戦で証明されましたし、血統もエリートの血筋を受け継いでいるので、大舞台ではしっかり結果を残してくれると思います。
そしてまだまだ伸び代が今一番伸びてる可能性もあると思うので、ニシノデイジーを逆転出来る唯一の馬だと思います。

オススメ馬3 ブレイキングドーン
唯一の穴馬で上記の2頭に肉薄する可能性を持っているのがこのブレイキングドーンです。
前走は5着ではありましたが、むしろ掲示板に載っただけでも凄いと思いました。
前走はかかり気味であり、大幅な体重増加が原因と明確な理由があります。
今回は前回の反省を踏まえ、絞ってくるはずです。
問題だらけの前走でG1の掲示板に載ったぐらいです。
人気落ちする今回は絶対買いの1頭です。



↓より『友達追加』を宜しくお願いします。

tekityu-shinbun-web.com
LINEで競馬情報&予想をGET!
友達追加よろしくお願いします。


的中新聞WEBでした。


にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

中央競馬ランキング




今週の中山記念、GI馬が強力!

中央競馬
02 /21 2019

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

中央競馬ランキング


的中新聞WEB芝野です。

今から中山記念の過去10年分のデータを元に、有力馬を探していきたいと思います。
前走脚質別成績一覧では、逃げ馬や先行馬が圧倒的に良い成績を収めています。

中山記念の舞台となる中山競馬場は、スタート直後に急な上り坂がある為、スタートを決めてそのまま前目で競馬をした馬が好走するデータになっています。

今現在の特別登録馬で脚質が逃げや先行馬に該当する馬は、
マイネルサージュ
ラッキーライラック
トータルソッカー
トルークマクト
エポカドーロ
マルターズアポジーです。

次に、前走のクラス別でのデータです。
前走でG1を使った馬が、勝率、連対率、複勝率とも全て全クラスの中で1番の成績を収めています。
逆に前走が1600万以下クラスを使った馬は一切馬券に絡んでませんので、切りで良いです。

今回その切りに該当する馬は、
トータルソッカー
トルークマクト
フィールドシャルムです。

次に、年齢別の成績についてです。
4歳馬が圧倒的に良い成績を収めています。
しかし、7.8歳馬も馬券に絡んでくる傾向にありますので、その辺りは押さえておく必要があります。

それでは私のオススメ馬を3頭紹介したいと思います。

オススメ馬1 ディアドラ
今回は何とG1馬5頭が出走と豪華メンバーになりましたが、その中で一番のオススメはディアドラです。
これだけの実績を残しながらも斤量何と54キロ!
海外帰りの初戦とはなりますが、調教でもとても順調に乗り込まれており、次走もドバイ遠征が決まった今、今回は負けれない戦いになると思います。
中山競馬場では2戦して、1着と2着と実績もしっかり残していますので、軸にはとてもオススメな1頭だと思います。

オススメ馬2 エポカドーロ
データ的にも配当的にも今回が狙い目だと思うのがエポカドーロです。
前走G1組で4歳馬でもあり、脚質的にも前目で競馬をする馬です。
確かに前走は8着と惨敗でしたが、これは距離が明らかに長かったのが影響してます。
今回は皐月賞も制した舞台でもある中山ですし、得意な中距離と完璧なデータと舞台。
こちらも軸のオススメに信頼出来る1頭です。

オススメ馬3 スワーヴリチャード
今までの実績で言えば外せない1頭です。
馬券に絡んだ経験は13戦して10戦と、実力は申し分ない馬です。
常に1番人気として走ってきた馬です。
データ的にも悪く無いですし、距離も大阪杯も制してる距離に近いので得意な距離だと思います。
最近勝ち切れない所から3着までとは思いますが、3連系の馬券を買われる方にはオススメ出来る1頭です。


↓より『友達追加』を宜しくお願いします。

tekityu-shinbun-web.com
LINEで競馬情報&予想をGET!
友達追加よろしくお願いします。


的中新聞WEBでした。


にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

中央競馬ランキング



あの穴馬がインティを仕留める。それが私のユメです。

中央競馬
02 /12 2019

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

中央競馬ランキング


的中新聞WEB芝野です。


今週は新年一発目のGI、なかなか楽しみなメンツが揃ったフェブラリーSについてです。

過去10年を元にオススメ馬を探っていきたいと思います。

前走の着順別のデータですが、馬券に絡む8割の馬が前走のレースで複勝圏内になった馬が該当しています。

ステップレースで結果を残した馬を中心に馬券を組み立てると良いと思います。

では、前走が4着以下の馬の成績についてです。

面白い事に前走4着以下の馬で本レースの馬券に絡んだ全馬が前走のレースで、1800〜2000のレースに出走していた馬なんです。


そしてその前走4着以下の馬で上記の条件に当てはまる馬は、

ノンコノユメ
アンジュデジール


の2頭でした!

次に人気別成績ですが、ほとんど一桁人気の馬しか馬券に絡みません。

ですので、当日は9番人気までになりそうな馬で馬券を組み立てると良いです。

次に、脚質別成績で見ていきます。

ダートレースと言う事もあり、基本は逃げや先行馬が結果を残しています。

しかし、直線が長い東京がゆえに人気馬の差し馬がいた場合は馬券内に絡むことは十分にありますので、チェックしておいて下さい。

それでは、私の注目馬を3頭挙げていきたいと思います。

注目馬1 インティ
やはり7連勝がかかるインティは軸に最も信頼出来る1頭です。
ここまで圧巻の走りで勝ち続けているインティ。

前走も重賞初挑戦にも関わらず、本気を出す事無く余裕に勝った感じでした。

今回も初G1となりますが、ここは武豊ジョッキーと言う事で信頼も熱いです。

データでも中々当てはまるので、ここは信頼して良いんでは無いでしょうか。

不安があるとすれば、初の東京参戦に初の1600と言った所です。

しかしまだあれだけの勝ち方で6連勝をしてますし、底をまだまだ見せずにの完勝なのでどのようなレースをして本気を出せばどれだけ強いのかをやっと見せてくれると思うので、とても楽しみです。

勝ち方次第では、ダート界のアーモンドアイも見えてくるので期待したいです。

注目馬2 オメガパフューム
前走の東京大賞典では今回の3強の一角であるゴールドドリームと初対戦にして勝利を収めています。

恐らくまだまだこれから本格化してくる本馬ですので、インティとの一騎打ちになるのでは無いかと思います。

馬券圏内が濃厚なもう1頭だと思います。

今回もどれだけ前目で競馬が出来るかが大事になってくると思います。

注目馬3 ノンコノユメ

私オススメの穴馬です。

最近は低迷していますが、得意な東京での巻き返しがあっても不思議では無い1頭です。

去年の覇者でも有りますし、去年のフェブラリーSでは、後方一気の末脚で上がり最速での勝利。

勝ち時計もとても優秀でした。

前が流れてくれれば展開もハマり、十分に連覇も見えてくると思います。

最近の低調ぶりがあるので、人気もそこそこしないと思うので3連系の穴馬にうってつけの1頭です。


↓より『友達追加』を宜しくお願いします。

tekityu-shinbun-web.com
LINEで競馬情報&予想をGET!
友達追加よろしくお願いします。


的中新聞WEBでした。


にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

中央競馬ランキング



春のG1に向けて活躍が期待できる馬たち。京都記念を制する馬は?

中央競馬
02 /05 2019

にほんブログ村 競馬ブログへ


的中新聞WEB芝野です。

京都記念について。

先ずは、京都記念の過去10年分のデータを元に有力馬を探していきたいと思います。
前走が着順関係無くG1に出走していた馬が、勝率、連対率、複勝率共に一番の成績を残しています。

次に良いのは、前走G3組の出走馬になります。

それ以外から参戦する馬は、ぐっっと成績が落ちます。

今回その好成績を挙げている前走G1.G3組の特別登録馬は、

G1組
パフォーマプロミス
マカヒキ

G3組
ステイフーリッシュ
タイムフライヤー
ブラックバゴ

です。

次に、レース当日の人気別の成績についてです。

レース当日の10番人気以降の馬は、過去10年で一度も馬券に絡んだ事がありません。

ですので、現在の特別登録馬12頭で対象になりそうな馬のアクションスターやカフジプリンスは消しの方向で馬券を組み立てた方が良いと思います。

3番人気に当日推された馬が、一番良い成績を収めています。
1番人気の馬も次に安定した成績を収めています。

軸は、上位人気中心で組み立てた方が良いレースと言えます。
次に脚質別の成績です。

データからは逃げや先行馬と言った、前で競馬をする馬が好成績を収めています。
京都競馬開催日後半と言う事もあって、上がりがかかる馬場状態になってる為、差し馬や追い込み馬には厳しいデータとなっています。

前目で競馬が出来る馬を選ぶ事をオススメします。
次に今回出走する馬の質量別の成績についてです。
55kgの馬が一番勝率は高いですが、57kgを背負う馬のが勝ちきれないが連対率は一番高い成績を収めているので、参考にして下さい。

ここからは、私のオススメ馬の紹介と理由を書いていきます。

オススメ1 タイムフライヤー

データでも一番勝てる可能性が高い55kgで、前走G3組と言うのも良いです。

今回1番人気の可能性があるステイフーリッシュとは前走敗れてはいるものの、0.1秒差です。
それなのに今回はステイフーリッシュより1kg軽い状態で出走出来るも魅力です。
何と言ってもG1馬ですよ。

それなのに予想では5番人気程度なので、高配当を狙う軸にオススメ最有力馬です。

オススメ2 パフォーマプロミス

データ的に一番連対が期待出来る馬です。
前走G1組で、連対率が一番高い57kgですし、脚質も先行タイプの前目でレースをする馬なので、3連系の軸に一番オススメの馬です。

オススメ3 ステイフーリッシュ
データ的には何とも言えないですが、やはりこのメンバーなら今現在1番実績がある馬です。
今勢いのある4歳馬ですし、先週もあれだけ勝てないと言われた東京新聞杯の1番人気で4歳馬の1番人気が久しぶりに勝ちましたし、今回の本レースもデータ無視で勝ってしまうかもしれないので押さえておきたいと思います。


↓より『友達追加』を宜しくお願いします。

tekityu-shinbun-web.com
LINEで競馬情報&予想をGET!
友達追加よろしくお願いします。


的中新聞WEBでした。


にほんブログ村 競馬ブログへ





tekityushinbunweb

的中新聞WEBのブログへようこそ!
中央競馬に関する見解や情報、予想まで幅広く書いていきたいと思いますので今後ともよろしくお願いします。