FC2ブログ

イギリスのダービーでディープインパクトが一番人気に推される

海外競馬
04 /03 2018

にほんブログ村 競馬ブログへ


日本の競馬ファンであれば

ディープインパクト産駒って海外では通用しないのでは?

こういう認識が凱旋門賞などの日本馬の走りを見てイメージが染みついてるのではないでしょうか。

しかしなんと、外国産ディープ産駒も誕生しておりそれがなんとイギリスのダービー(6月2日)で一番人気となりそうだ。
サクソンウォリアーという馬で有名なオブライエン厩舎におり

3戦3勝と今だに無敗。

サクソンウォーリアのGI制覇の動画

最後に2の脚!3の脚!海外競馬特有のしぶとく伸びてくる感じがディープ産駒なのに出ています。
日本の競馬の感覚で見てたら2着で終わりそうなんだど・・・やっぱり海外は違うなぁと。

もしかしたら4月14日にアイルランドのマイル戦に使われるかもしれないが、まぁおそらくダービー直行となるのではないだろうか。

サクソンウォーリアー


心配?というかむしろ喜んだ方がいいのかもしれないが海外で育ったディープ産駒が日本競馬界の悲願である凱旋門賞を制覇してしまうのかも?しれない。

騎手は日本でもお馴染みライアン・ムーアが騎乗予定だが、同日開催されるアメリカのダービーに乗りに行くかもしれないというスーパースターっぷり。騎乗の天秤にかけられてる馬がメンデルスゾーンという馬でGIIのレースを18馬身もぶっちぎって勝つという、こちらも怪物クラスの馬である。

いずれ日本もこういう海外からお声がかかる騎手がどんどん出てきて欲しいなと思うのと
日本競馬界が関わった馬が海外でも活躍するのを楽しみにしたい。

海外サイトでレースを生で見れたらいいなと
ネットでいろいろ調べてます。



的中新聞WEBのLINE@はこちら






桜花賞の無料予想はコチラ


にほんブログ村 競馬ブログへ






いよいよドバイワールドカップ開催!

海外競馬
03 /31 2018

にほんブログ村 競馬ブログへ


朝から仕事してたので眠くなるところですが
ドバイのレースが始まるとなればだんだんドキドキしてきた。

こんな時間でも馬券を当てる喜びを味わいたい!そんな気分です。

まず一戦目
ドバイゴールデンシャーヒン(1200m)ですが
頭数が少ないので勝負というわけにはいきませんが
準備運動的な感じで。

ロイエイチ


ロイエイチ と ジョーダンスポート のワイドにしてみます。
え?日本馬のマテラスカイは?と言いたくなるところですが応援はもちろんしてますよ!


2戦目 ドバイターフ(G1)

実はちょっと気になっていた、ブレアハウスです。前走ではベンバトルを倒してるのに人気があまりないっていうところで実力は定かではないですが配当妙味を考えると買ってみていいのかなと。
対抗にベンバトル。相手にランカスターボンバー、ネオリアリズム、ジャヌービ、モナークスグレンで!

ここでは日本馬が勝ちそうなレースではありますがヴィブロスもちょっと・・・ということで。

3戦目 ドバイシーマクラシック(G1)

クロスオブスターズからポエッツワードですかね。抑えとしてレイデオロ、モズカッチャン、ホークビルでしょうか。

4戦目 ドバイワールドカップ(G1)

ノースアメリカ・タリスマニック・サンダースノーの三頭ですね。

本音で言えば日本馬に買って欲しい!

個人的には馬券を当てたい。

そんな希望と欲が交差する複雑な心境でありますが
とりあえず応援頑張りましょう!

一発ありそうなリアルスティールに期待はしているのですが・・・
買足そうかな(笑)



的中新聞WEBのLINE@はこちら






大阪杯&ダービー卿の無料予想はコチラ


にほんブログ村 競馬ブログへ

ドバイワールドカップの各重賞に出走する有力馬をご紹介。

海外競馬
03 /28 2018
どんどん大阪杯に関する情報も出てきていますが
その前にちょっとドバイの有力馬についても触れておかなければなりません。

昨年世界を驚かせたドバイワールドカップの勝馬、アローゲート!

アローゲート


大半の人が この馬どういうの?というのがほとんどだと思います。
大雑把に実力を比較するのであればJRAから発表されるレーティング(指数)が一番参考になるのではないでしょうか。

次にやはりジョッキーの腕が重要ですね。
ドバイは名誉あるレースなので世界中のトップジョッキーが集まります。
ジョッキーのランキングもありますのでそちらも合わせてチェックしてみてください。

日本でもおなじみの騎手をあげてみると
まず世界一と言えば

ライアン・ムーア騎手

G1だとか大きい舞台になると日本にもやってきますね。ちょっとピークが過ぎたかな?って馬でも馬券圏内にもってきますし、人気馬をきっちり勝利に導く仕事人みたいな存在です。逆にデータを見ていくと人気が無い馬を持ってくるのはあまり無いとか・・

スミヨン騎手

日本ではブエナビスタやエピファネイアなどでG1制覇。最近は日本には来てないですがもう世界的にはトップジョッキーになっていますね。

ボウマン騎手

昨年はJCを勝ち、有馬記念でも見事な騎乗で3着。長身のナイスガイで日本の騎手は何故デムーロやルメールに好き勝手やらせてるんだ?と言ったすごい人です。

その他と言うにはもったいないデットーリ騎手などとにかく今現在のトップジョッキーが一同に揃うのでそれが楽しみの1つでもあります。もちろん武豊騎手も世界的には有名なジョッキーですね。

ではレースについてですが

■ドバイゴールデンシャヒーン 1200m

北米のスプリンターが勢揃いで 日本からはマテラカイが出走します。
戦績的にはそれほど・・・でありまして苦戦は間違いないですがここ3走は馬券になってますので
どれくらい通用するか見物です。

ここで断然人気になりそうなのが ロイエイチで相手探しのレースとなりそうです。





■ドバイターフ 1800m

日本馬が多く出走し、ここは獲れるのでは?と言われていますね。
昨年よりはレベルが低いようで、日本馬はヴィブロス・リアルスティール・ネオリアリズムと出走となります。

おそらく1番人気はゴドルフィンの所有馬ベンバトルだと思います。世界中の大きい舞台で出走していますが、まぁ一番ドバイが合うんでしょう。各陣営もこの馬をマークしてレースをすると思います。

なんとかここで日本馬が勝利して欲しいと思っています。

■ドバイシーマクラシック

こちらは日本の代表格、レイデオロやサトノクラウン、モズカッチャンが出走です。切れ味ならレイデオロ、パワー型のサトノクラウンという感じなのでどちらかは馬券圏内に食い込めるのでは?と思っています。

ここでは凱旋門賞2着のクロスオブスターズが人気となるはずでしょう。
ジャパンカップに出たアイダホもいましてこれが逃げる展開となると思います。みんなで差しで攻めれば・・・チャンスあるかもです。

■ドバイワールドカップ

こちらが本当のメインレース!昨年の勝馬アローゲートには驚きました。出遅れても最後はぶっちぎりで勝つという化け物みたいな馬でしたね。こちらは昨年のような怪物クラスは不在ですが、ピークをすぎた日本馬アウォーディには厳しいかもしれませんし、ブックメーカーのオッズ的にも最低人気くらいになりそうです。

でも日本代表の武豊騎手騎乗なのでこちらも馬券うんうんは別としてしっかり応援したいと思います。

以上簡単ではありますがドバイワールドカップについてでした。
次回は大阪杯の追い切りについて書きたいと思います。


的中新聞WEBのLINE@はこちら



的中新聞WEBのLINE@はこちら








ドバイワールドカップには日本から14頭が現地入り!

海外競馬
03 /27 2018
今年もやってきましたね。

ドバイには行ったことないですが、ものすごい未来都市みたいな感じですね。

dxb_Downtown01w472.jpg

競馬場のスケールも半端ないです!

日本もこういう派手な演出と真似するのはどうなんだろう!

sheema3.jpg


ドバイワールドカップ!世界最高峰のレースに日本からも有力馬が続々参戦。

アウォーディー号 (牡8歳 栗東・松永 幹夫厩舎) ドバイワールドカップ(G1)
サトノクラウン号 (牡6歳 美浦・堀 宣行厩舎) ドバイシーマクラシック(G1)
モズカッチャン号 (牝4歳 栗東・鮫島 一歩厩舎) ドバイシーマクラシック(G1)
レイデオロ号 (牡4歳 美浦・藤沢 和雄厩舎) ドバイシーマクラシック(G1)
ヴィブロス号 (牝5歳 栗東・友道 康夫厩舎) ドバイターフ(G1)
クロコスミア号 (牝5歳 栗東・西浦 勝一厩舎) ドバイターフ(G1)
ディアドラ号 (牝4歳 栗東・橋田 満厩舎) ドバイターフ(G1)
ネオリアリズム号 (牡7歳 美浦・堀 宣行厩舎) ドバイターフ(G1)
リアルスティール号 (牡6歳 栗東・矢作 芳人厩舎) ドバイターフ(G1)
マテラスカイ号 (牡4歳 栗東・森 秀行厩舎) ドバイゴールデンシャヒーン(G1)
タイキフェルヴール号 (牡3歳 栗東・牧浦 充徳厩舎) UAEダービー(G2)
ルッジェーロ号 (牡3歳 美浦・鹿戸 雄一厩舎) UAEダービー(G2)
アキトクレッセント号 (牡6歳 栗東・清水 久詞厩舎) ゴドルフィンマイル(G2)
アディラート号 (牡4歳 栗東・須貝 尚介厩舎) ゴドルフィンマイル(G2)

本音で有力馬の名前をあげるのであれば(もちろん全馬死ぬ気で応援しますけども!)

サトノクラウン
モズカッチャン
ネオリアリズム

あたりではないでしょうか?日本のスピード馬場はちょっときついかな?若干パワー&スタミナ寄りなイメージの馬に海外のレースではチャンスがあるのではないかなと思います。

気になる発走時間は以下の通りとなります。

ドバイゴールデンシャヒーン(G1) 第6レース 3月31日(土曜)23時40分
ドバイターフ(G1) 第7レース 4月1日(日曜)0時35分
ドバイシーマクラシック(G1) 第8レース 4月1日(日曜)1時10分
ドバイワールドカップ(G1) 第9レース 4月1日(日曜)1時50分

これは土曜日の深夜は楽しめそうですね。
そして応援だけならず馬券も買うとより一層応援にも力が入ります。





【馬券の購入方法は以下の通り】

発売方法: インターネット投票

注記:即PAT会員、A-PAT会員が対象となります。
注記:プッシュホン投票、JRAダイレクト、競馬場、ウインズにおける発売はありません。
注記:投票される際は、JRA・海外競馬のネット投票ボタンからログインしてください(地方競馬ネット投票からは投票できません)。

発売時間: 3月31日(土曜)
7時00分から17時30分
19時30分から各レースの発走予定時刻4分前まで

注記:17時30分から19時30分は計算機のメンテナンスを行うため、発売を一時中断いたします。
発売式別: 単勝、複勝、馬連、ワイド、馬単、3連複、3連単

注記:枠連、WIN5の発売はありません。
払戻金: JRAが日本国内で発売した票数をもって確定いたします。現地での払戻金とは異なります。

出馬表などはJRAのホームページでチェックしましょう。

フジテレビ系の番組でしっかり放送もしてくれるそうですし、もちろんグリーンチャンネルでも生でレースを見ることができます。

日本競馬界を代表した馬達の参戦なので

ドバイに声援を送りましょう!

的中新聞WEBのLINE@はこちら







tekityushinbunweb

的中新聞WEBのブログへようこそ!
中央競馬に関する見解や情報、予想まで幅広く書いていきたいと思いますので今後ともよろしくお願いします。